タロイモノ

〝ギャグマンガ描き〟白川タロイモのブログ

【おすすめ】まんが日本昔ばなし〈怖い話〉【アニメ】

【おすすめ】まんが日本昔ばなし〈怖い話〉【アニメ】

まんが日本昔ばなし_イラスト

 

昔ばなしのプロットが最強なのである。

ということで大好きな『まんが日本昔ばなし』について書こうと思います。

 

曲が「ぼうや~よいこだ~」「にんげんっていいな~」のアレです。

※上の画像は僕が描いた「まんが日本昔ばなし」のオープニングをイメージしたラクガキです。こんなんじゃないけどこんなんも出てくる回あります。

この番組自体がもうだいぶ昔のことになってしまいましたが、1975年〜1994年まで長年放送されていた長寿アニメ番組です。

自分が生まれる前から放送してまして、幼少期に観ておりました。

調べたら自分が3歳くらいの時に放送されていた回にたくさん覚えがあるのでいいトラウマになりました。

 


これ本当に同じ番組!?という程振り幅のあるアニメ番組。

楽しい話、ほのぼのおバカな話、恐怖の話、不思議な話…えとせとら

 


とにかく色んな意味でトラウマを植え付けられる1話完結型のアニメ群なのです。

怖い話は大人も怖い回もあるくらいです。

今回は怖い話に絞って知ってる範囲の中だけではありますが

おすすめタイトルをご紹介します。

 


恐怖四天王

特に怖い話は絞れないほどトラウマを植え付けられてきたのですが

無理矢理絞って恐怖四天王をあげるとすれば

 


1.「飯降山」

空腹に耐えながら三人の尼さんが山で修行していると、不思議なことが起こり…。

 

実際の描写はないにしても、捉え方次第ではカニバリズムすらにおわせる恐怖の仏顔。幽霊よりも人間がいちばん怖い。

 

自分の考察では考え過ぎて、最後山を降りてきたのは二番目の尼さんだったのではないか説すらあります。

演出と文芸担当はあの〈ぼのぼの〉の

いがらしみきお氏。

 


2.「日高峠の大きな手」

 話自体の怖さよりアニメーションの演出が恐ろしさを引き立てるお手本。

怖い話の市原悦子ならではのあのセリフの言い方が実に凄い。

アニメーションと相まってお話以上に恐怖を掻き立てます。

 


3.「三本枝のかみそり狐」

この恐怖は絵柄と音楽、効果音、そして何より声優人お二人の芸あってこそ。小さい子は恐怖のどん底に落とされるであろう。

個人的には顔よりもお婆さんが走ってくる音が怖い。頼んだぞ〜ぉお。

 


4.「吉作落とし」

お化けとかではない怖さ。

ハリウッド映画の〈127時間〉他、パニック映画の大作になりそうな話をわずか10分少々でちゃんとこんなにスリリングに展開させる凄さ。

 

最後に、一応「怖い話」の分類ではないのですが番外編としてもう一本紹介します。

番外. 「浦島太郎」

 1990年03月17日放送版

(他にも同番組内で同タイトルの作品がありますが、こちらはリメイク版〈演出:小林治〉)

 

超有名な昔話ですが

玉手箱を開けて、太郎が爺さんになる過程を狂気を感じるほど丁寧に描く演出。

怖かった思い出。

今見ても怖かったです。

浦島太郎はSFともいわれますし、考えようによってはめっちゃホラーなので

その怖いという部分をラストに畳みかけてきてます。

 

他にも何本も同氏の演出回がありますが

小林治氏の演出作品はデフォルメの効いたポップな絵の回も含めて

全部なにかしらの狂気を感じます。

実際ストーリーがそもそも怖い話も多いです。ホラー担当だったのかな?

 

自分が幼少期に、説明はできないが「なんか怖い」と思ったものの多くは

調べてみると、だいたい小林治さんの演出作品だということが分かりました。←この事実がまた怖かった!

小林治演出作の怖い話おすすめ番外編も書きました

【まんが日本昔ばなし】怖い話おすすめ番外編【小林治演出作】 - タロイモノ

 

最後に

今でもDVDやデータベースのサイトからや

You Tube等に上がっているものもたくさんあるので検索したらだいたいは鑑賞できちゃいますね。

トラウマ覚悟でご鑑賞あれ。

(ただ、公式のDVDや動画配信サイトには当たり障りのないものが多く収録されているため

本当に怖い話は未収録なものも多いです。汗)

再放送無理だろうなあ~汗

 

まんが日本昔ばなしアニメーションとしても

昨今の消費エンタメと比べても芸術作品としての側面を感じます。

言い伝えの各土地の文化としても日本の宝だと思ってます。

冒頭にも書きましたが、幅が広い番組です。

 

怖いのばかりではありませんよ!

 

未見の方はぜひぜひ~

 

そして見ていた方も大人になって感じることも多いですよ!おすすめです!

 

「トラウマ」って必要な気がする

最後に

昨今、エンタメにおいて過激なもの等がコンプライアンスどうたらで規制されてしまうので

何が正しいかは分かりませんし、今が悪くて昔が良いとは一概に言えずなんともなのですが

 


良くも悪くもトラウマ衝撃足りない気もします。

 


当たり障りないものの中でたまに泣くほど怖いものがあってもいいではありませんか。

「恐怖」でなくても楽しいや驚きやその他なんでもいいと思うのです。

幼少期、その瞬間は嫌ですが後々

「トラウマ」「思い出」「体験」となり

創作や生活そのものに役立つこともあるのかもしれないなぁと思いました。

 

 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 漫画ブログへ